CEOブログ

横浜で活躍するホームページ作成・開発会社アットライズの代表取締役社長(CEO)が綴る、日々の奮闘記!!

読書感想文

「プーチンと柔道の心」

投稿日:2009年6月25日 更新日:

仕事柄、お取引先やお会いした方から著書をいただいたり、知り合いの本を買ったりということがよくある。
最近、何回か立て続けに頂いたり、買ったりして、、読まねばならない本がどんどん溜まっていっている。。。

そこで、読んだ書籍の感想文も残していくことにしよう。

第一弾は、タイトル「プーチンと柔道の心」。

この本は、先日盛和塾横浜のセミナーでたまたま柔道の山下泰裕さんと隣り合わせの席になり(山下さんも盛和塾の塾生)、ご挨拶させていただいたのをご縁に、ホームページのアドバイスなどで山下さんの研究室を訪問させていただいたりといった交流があり、そのご縁で山下さんからお贈りいただいたものである。

この本を読むと、ロシアのプーチン首相が熱心な柔道家であり、その武道精神が人柄に現れていることがわかる。
プーチン首相というと、寡黙でどちらかというと一見コワイ、というイメージもあるが、柔道を通して日本との交流があり、山下泰裕氏とのさまざまな場面での出会いも山下さんの言葉で記されている。

おそらくこの本を書店で見かけても、自ら手にして買うことはなかったと思うが、縁あって戴いたおかげで今まで知らない世界を少し垣間見ることができた。

-読書感想文
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[読書感想文]「ビジョナリー・カンパニー ZERO」

「ビジョナリー・カンパニー」シリーズ最新作 「ビジョナリー・カンパニー」シリーズは多々出版されているが、最新作が出たとのことで読んでみた。 実は 今まで「ビジョナリー・カンパニー」は なぜかあまり読み …

[読書感想文]「日本国紀」(百田尚樹著)

縄文時代から現代までの一連を描く日本通史 百田尚樹著「日本国紀」(上下巻)を読んだ。 日本史と言うと、例えば奈良時代、鎌倉時代、、といった分け方がされ、その時代に焦点を当てたものが多かったように思う。 …

[読書感想文]「JALの奇跡 ~稲盛和夫の善き思いがもたらしたもの~」

稲盛氏の経営手法を客観的視点から見る 本書は、2010年に経営破綻した日本航空(JAL)をV字回復させ、わずか3年足らずで再上場を果たした稲盛会長の経営手法を、側近として京セラから招聘された 大田嘉仁 …

[読書感想文]致知 2019年4月号

松下幸之助翁「徳を積むことしかない」 テーマは「運と徳」 今月号のテーマは「運と徳」。 興味のあるテーマだけに 読み応えもあり、たくさんマーカー引きながら読んだ。 そんな中から印象に残った箇所を備忘録 …

[読書感想文]「起業の天才! ~江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男~」

筆者の取材力に敬服 今まで 盛和塾の機関誌 全156巻を 毎週1冊ずつ読んで感想をアップする、、という、通称「機関誌マラソン」を ほぼほぼ丸三年続けていた。。 この間、機関誌を読むのに必死で、それ以外 …