CEOブログ

横浜で活躍するホームページ作成・開発会社アットライズの代表取締役社長(CEO)が綴る、日々の奮闘記!!

ブラウザ マイクロソフト

Internet Explorer 11のサポート終了

投稿日:

負の遺産(!?)、IE11にはいつまで対応する!?

我々Web開発者にとってMicrosoftのブラウザ「Internet Explorer」(以下「IE」)は悩みの種だった。
他のメジャーブラウザ Chrome、Firefoxなどと比べ、挙動(表示)が異なり Webサイトをリリース(公開)する際は、IEに対応するために わざわざ工数を割かなければならず、頭の痛い問題だった。

※IE10までは既にサポートが終了しているが、最終バージョンのIE11は 未だにサポート対象とされている。公式にはWindows10のIE11は「2029年1月」がサポート終了期限とされているようだ。。

Microsoftが2021年8月17日でMicrosoft 365でのサポート終了を発表

つい一ヶ月ほど前、Microsoftが2021年8月17日でMicrosoft 365でのサポート終了を発表した!
この情報に業界内は ざわつき色めき立った。(ちと大げさか…(笑))
「やっとIEの呪縛から解放される!」

が、よくよく見ると、単に「Microsoft 365」でのIEサポートが終了するだけで、IE11そのもののサポートが終了するワケではなさそうだ。。(涙)

なぜ 負の遺産とまで言われているIEが、ここまで延命されるのか?
それは、IEを動作保証ブラウザとして作られてきたシステムなど、レガシーがたくさん残っているからに他ならない。
省庁・自治体が提供するサービスや、銀行のオンラインシステムなども「IE11」での動作を前提に構築されているものが、まだ世の中にはウジャウジャある。
そのため、IEを完全に排除することができないのだ。

新規に作るものは排除しても構わない!?

そう考えると、IE11は レガシーシステムに対応するために存続しているのであり、「これから新たに作るWebサイト・システムは、IEを対象外にしても良い」と、ワタシは考る。

クラウドサービスで大きなシェアを誇るDropboxからも、以下の案内メールが来た。

誠に勝手ながら Dropbox では 2020年10月1日をもって、Internet Explorer 11 のサポートを終了させていただくことになりました。

Dropbox以外にも、IE11を対象外とするアナウンスが続々とされている。

IE11が 未だに存続している理由(レガシーに対応するため)を考えると、これから新規に作るものは、自信を持ってIEを対象外とすべきだと思う。
お客様には、きちんと理由を説明し、、「それでもIE11対応に。。」と言われるのであれば、そこは別途追加料金でも構わないと思う。
 
 

-ブラウザ, マイクロソフト


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Windows更新プログラムで帰れない!シャットダウン時にインストールをスキップする方法

急いでるときに限ってWindows更新プログラムが始まってしまう。。 Windowsパソコンの電源を切る際に、「更新プログラム」または「Windowsアップデート」などが始まってしまい、、終わるまで帰 …

no image

Firefox:エラーメッセージ、やっと解決!

FireFoxで、”There was a problem with the request”とのエラーメッセージが数分おきに表示され、原因がわからず ずーっと保留にしていた件 …

ついにGoogle「Chrome68」がリリースされた!

SSL化していないサイトは「保護されていません」の警告表示 予てからの予告通り、7月末にGoogleのブラウザ「Chrome 68」がリリースされました。 「Chrome68」では、SSL化していない …

効率が格段にアップする便利なFirefoxアドオン10傑

ワタシがFireFoxに入れている便利なアドオン 仕事中は主に使っているブラウザはFirefox。 永く使っている間に、いろいろ便利なアドオンを入れてカスタマイズしている。 仕事上必要な少々マニアック …

さらに驚き!「Windows10」無償アップデートは、ナント海賊版でもOK!?

海賊版でもOKという衝撃の意図は? マイクロソフトの次期OS「Windows10」がWindows7からも無償アップデートできる!というブログ記事を以前(1/22)に書いた。 ※『驚き!次期OS「Wi …