CEOブログ

横浜で活躍するホームページ作成・開発会社アットライズの代表取締役社長(CEO)が綴る、日々の奮闘記!!

朝礼

3分間スピーチ「道をひらく」(松下幸之助著)の輪読

投稿日:2009年11月26日 更新日:

以前の日記で、当社の朝礼では3分間スピーチのネタとして、倫理研究所が発行している「職場の教養」という小冊子を使っている、と書いたが、、
最近、松下幸之助氏の「道をひらく」の輪読に変更した。
(日替わりの当番が1節(2p)を読み、感想を述べるスタイル)

いろいろな方の話や著名人がバイブル的な一冊としてあげている書物に、

  1. 松下幸之助著「道をひらく」
  2. 稲盛和夫著「心を高める、経営を伸ばす」

の2冊が多く登場していた。

どちらも人生哲学、経営哲学としてとても素晴らしい内容で、しかも1節が見開き2ページで、朝礼の輪読にちょうどイイ。
まずは「道をひらく」から始め、これが一通り終了したところで、次に「心をひらく・・・」にチェンジの予定。

この2冊、どちらも本質は同じようなことを述べている。
やはり人生なり経営なりを極めると、このような哲学に行き着くのだろうか。
松下幸之助氏の本は、今から40年くらい昔に書かれた本なので 表現や描写が時代を感じさせるところもあるが、今でも十分伝わる内容になっている。
内容は同じようなものであるが、松下さんの方がやわらかい表現で比較的抽象的に書かれている。
稲盛さんの方は、直接的でストレートな表現が多いように感じる。


<今日の朝礼(11/26(木))>
■テーマ「日々是新(ひびこれあらた)」
昨日も今日も自然の動きには何ら変わりがないが、心があらたまれば見るもの聞くものがみな新しい。という内容。
私的な解釈では、心の持ちようによって、周囲の見え方、環境がいかようにも変わってくる。
稲盛さんの著書も「心を高める・・・」というタイトルのように、自分自身の心の持ちようが大切だ、ということ。
倫理法人会の教えでも「運命は自ら招き、境遇は自らつくる」という一説がある。
どんなときでも希望をもって、明るく元気にポジティブ思考で行動することを心がけたい。

-朝礼
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[今日の朝礼]お客様第一主義を貫く

京セラは設立当初から下請けでなく自主独立の会社 「下請け」の場合、価格(売値)や納期、何よりも製品(商品)そのものの仕様等についても自分の都合ではコントロールできず、多分に元請け意向に従わざるを得ない …

[今日の朝礼]必要なときに必要なだけ購入する

当座買いの原則 今日の朝礼の輪読テーマは「必要なときに必要なだけ購入する」。 商品をまとめて買うと安くなる。 これは市場原理にもどづいており全くの真理だと思う。 が、、実はそうではない! と説かれてい …

[今日の朝礼]成功するまであきらめない

「京セラフィロソフィ」をテキストに 今使っている朝礼のテキストは、稲盛和夫氏著「京セラフィロソフィ」。 日替わりの朝礼当番が、毎朝1章ずつ読み 感想を発表する。それを受けて私がコメントを述べる。という …

[今日の朝礼]実力主義に徹する

実力主義と言っても職務遂行能力だけではない 「実力主義」と言うと、一時流行った成果主義と混同するかも知れないが、ここでは そうではないと言われている。 組織を運営していく上で最も重要なことは、それぞれ …

[今日の朝礼]人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力

感銘を受けた「人生の方程式」 この「人生の方程式」とも言われる 人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力 という方程式は、数多く学んだ中でも私が最も感銘を受けた人生哲学・フィロソフィーである。 熱意と能力 …