CEOブログ

横浜で活躍するホームページ作成・開発会社アットライズの代表取締役社長(CEO)が綴る、日々の奮闘記!!

朝礼

今週の考え方・フィロソフィの学び「信念を貫く」

投稿日:

「信念を貫く」

■今週の 考え方・フィロソフィの学び「信念を貫く」

—「信念を貫く」——————————
仕事をしていく過程には、さまざまな障害がありますが、これをどう乗り越えて
いくかによって結果は大きく違ってきます。

何か新しいことをしようとすると、反対意見やいろいろな障害が出てくるものです。

そのようなことがあると、すぐに諦めてしまう人がいますが、すばらしい仕事をした
人は、すべてこれらの壁を、高い理想に裏打ちきれた信念でもってつき崩していった
人たちです。

そうした人たちは、これらの障害を試練として真正面から受け止め、自らの信念を
高く掲げて進んでいったのです。

信念を貫くにはたいへんな勇気が必要ですが、これがなければ革新的で創造的な
仕事はできません。

—————————————————

高視聴率で注目を集めた「半沢直樹」、昨日で最終回でした。
ご多分に漏れず ワタシも毎回楽しみに見ていました。(^^;

あのドラマ、一言で言うと まさにこの「信念を貫く」であるように思います。
舞台こそ 東京中央銀行という金融機関ですが、誰の人生にも日常にも
多かれ少なかれ「長いものには巻かれろ」的な場面に遭遇することがあると
思います。

その時に 巻かれてしまうのか、それとも正義を貫くのか。。
かく言うワタシも そんな場面に遭遇したときに、100%正義を貫けるという
自信はありません。。
が、そんな逆境の中でも 心の支え、拠り所になるのは 自身の持っている
「信念」なのだと思います。

しかし、いくら自分が信念だと思っていることであっても、それがエゴや
傲慢などではなく、「正しい信念」でなければなりません。
そこには、フィロソフィでも頻繁に出てくる「利他」の想いがベースに
あることが前提なのだと思います。

このフィロソフィを語ると、どうしても堅苦しい話になりがちです。。
私も「こうありたい」「こうあるべきだ」と思いながら 日々学んでいますが、
そうは言っても どうしても辛い時、シンドイ時は 正直あると思います。
うちの娘たちにも「シンドイ時は 逃げていいぞ、逃げちゃえ」と伝えています。
皆さんも、どうしても辛い時は、逃げちゃってください。
それはサボるのとは違います。
本来できるのに やらないのはサボると言いますが、それと「避難する」ことは
違います。

「きっとこの先、良いこと ハッピーなことがあるはずだ」という希望を持って、
そのためにも 必要な時には一時的に避難することも「あり」だと思います。

今日は 久しぶりの秋晴れ! 気持ちいい天気ですね♪
今週も よろしくお願いします。

  服部
 

-朝礼


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[今日の朝礼]能力を未来進行形でとらえる

今できなくても、人間の能力は進歩発展する! 例えばお客様から「こんなことできますか?」と問われたとき、それが今までにやったことのないものであった場合、どう答えるか。 「いやぁ、やったことないんで出来ま …

[今日の朝礼]成功するまであきらめない

「京セラフィロソフィ」をテキストに 今使っている朝礼のテキストは、稲盛和夫氏著「京セラフィロソフィ」。 日替わりの朝礼当番が、毎朝1章ずつ読み 感想を発表する。それを受けて私がコメントを述べる。という …

今週の考え方・フィロソフィの学び「私心のない判断を行う」

「私心のない判断を行う」 ■今週の 考え方・フィロソフィの学び「私心のない判断を行う」 —「私心のない判断を行う」—————&# …

今週の考え方・フィロソフィの学び「感謝の気持ちをもつ」

朝礼の代わりにメールで配信 朝礼で毎朝「考え方・フィロソフィの学び」と題して、推奨図書の輪読などを行っていた。 が、3週間前からテレワークを導入し、朝礼はZoomでのテレビ朝礼とし 簡略化した。 その …

no image

3分間スピーチ「道をひらく」(松下幸之助著)の輪読

以前の日記で、当社の朝礼では3分間スピーチのネタとして、倫理研究所が発行している「職場の教養」という小冊子を使っている、と書いたが、、 最近、松下幸之助氏の「道をひらく」の輪読に変更した。 (日替わり …