CEOブログ

横浜で活躍するホームページ作成・開発会社アットライズの代表取締役社長(CEO)が綴る、日々の奮闘記!!

朝礼

今週の考え方・フィロソフィの学び「私心のない判断を行う」

投稿日:

「私心のない判断を行う」

■今週の 考え方・フィロソフィの学び「私心のない判断を行う」

—「私心のない判断を行う」——————————
 何かを決めようとするときに、少しでも私心が入れば判断はくもり、その結果は
 間違った方向へいってしまいます。
 人はとかく、自分の利益となる方に偏った考え方をしてしまいがちです。
 みんなが互いに相手への思いやりを忘れ、「私」というものを真っ先に出して
 いくと、周囲の協力も得られず、仕事がスムーズに進んでいきません。
 また、そうした考え方は集団のモラルを低下させ、活動能力を鈍らせることにも
 なります。
 私たちは日常の仕事にあたって、自分さえよければという利己心を抑え、
 人間として正しいか、私心をさしはさんでいないかと、常に自問自答しながら
 ものごとを判断していかなければなりません。
—————————————————

今週のテーマは「私心のない判断を行う」です。「私たちは日常の仕事に
あたって…」と書かれていますので、この文章は仕事を念頭において書かれた
ものと思います。
今、リモートモードで在宅で業務を行っていただいていますが、お陰様で
ほぼ滞ることなく業務を円滑に遂行できていると思っています。
これも、皆さん一人ひとりが 真摯に業務を遂行していただいているお陰と、
心より感謝いたします。
場所が離ればなれで、コミュニケーションも限られているからこそ、お互いが
相手を思いやる気持ちがないと、このように円滑には進められないと思います。
本当にありがとうございます。

「仕事」から少し外れますが、今 緊急事態宣言で国民みんなが自粛を求め
られています。
一人ひとりが みんなでガマンをしなければならない時ですが、残念ながら
会社の向かいの居酒屋は 今でも普通に営業していますし、お客さんで
賑わっています。7~8人のグループで飲んでいる人たちもいます。
経営者の立場からすると、自粛休業しても家賃も人件費も待ったなしで、
資金的余裕がなければ 会社がいつまで持つかギリギリの瀬戸際であることも
容易に想像でき、簡単に自粛できるものでもない、ということも理解できます。
しかし、このフィロソフィにもあるように 私心をはさまずに判断することが
求められているのではないでしょうか。

お店を一方的に非難することはできませんが、そこに安易に飲みに来ている
一人ひとりの客は、やはり自制しなければならない状況だと思います。
万が一 そこでクラスターが起きてしまえば、自分や家族が陽性になるだけでなく、
緊急事態宣言の解除もどんどん先延ばしになってしまいます。
今こそ、私心をはさまず「人として何が正しいか」という判断基準で
行動しなければならないと思います。

因果応報、、良い行いも 悪しき行動も、今の自分自身の行動の善し悪しは、
いずれ必ず巡り巡って自分、または自分の身近な人、そして子や孫の世代に
返ってきます。
私心を捨て、人として正しい行動を心がけていきたいものです。

今週もよろしくお願いします!

  服部

-朝礼


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今週の考え方・フィロソフィの学び「人間の無限の可能性を追求する」

人間の無限の可能性を追求する ■今週の 考え方・フィロソフィの学び「人間の無限の可能性を追求する」 —「人間の無限の可能性を追求する」———&#8212 …

今週の考え方・フィロソフィの学び「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」

※テレワークに移行し、Zoom朝礼はやっているが それも作業報告のみで、日頃やっていた考え方フィロソフィの学びができないため、代わりに 毎週ワタシがコメントをメールで送ることにしている。 「人生・仕事 …

no image

3分間スピーチ「道をひらく」(松下幸之助著)の輪読

以前の日記で、当社の朝礼では3分間スピーチのネタとして、倫理研究所が発行している「職場の教養」という小冊子を使っている、と書いたが、、 最近、松下幸之助氏の「道をひらく」の輪読に変更した。 (日替わり …

no image

朝礼スピーチ:経営理念

今日の朝礼スピーチのテーマは「経営理念」。   当社では「経営理念」と「社員心得」を定めている。     — <経営理念>  付加価値の高いサービスを提供し情報化社会の  発展に寄与すると …

[今日の朝礼]実力主義に徹する

実力主義と言っても職務遂行能力だけではない 「実力主義」と言うと、一時流行った成果主義と混同するかも知れないが、ここでは そうではないと言われている。 組織を運営していく上で最も重要なことは、それぞれ …