CEOブログ

横浜で活躍するホームページ作成・開発会社アットライズの代表取締役社長(CEO)が綴る、日々の奮闘記!!

言葉

人生の門出、入社式で新入社員に贈る言葉2015

投稿日:2015年4月2日 更新日:

japanese-cherry-trees-324175_640

期待と不安の社会人第一歩

昨日4月1日は、多くの企業で入社式が行われた。

電車に乗っていても、なぜか一目で「フレッシュマン」とわかってしまう初々しさ。(^^;
私も、、もうかれこれ25年以上も昔の4月1日、社会人一日目として入社式に臨んだことを思い出す。

当時の社長がどのような言葉を述べられたのか、記憶は定かではないが、、(^^;
その後数日間行われる会社幹部の講話研修で、ある役員が「仕事として重要なのは『価格・品質・納期』だ」と話されたことだけは、今でも鮮明に覚えている。
その記憶が、はたしてその後の社会人生活にどれだけ生かされたか、正直よぉワカランですが。。(>_<)

もう一つ、社会人一日目で鮮明に覚えているのが、初日の研修を終え帰宅時に乗った電車で、ボックス席に乗り合わせた年配のサラリーマンに「新入社員か?」と声をかけられたこと。
そこでどんな話をしたか具体的には記憶にないが、下車駅までのわずか10分程度だったが、話しかけてもらい「これから頑張ろう!」と決意した瞬間だった。

大手企業入社式での社長の言葉

毎日新聞に昨日の入社式で語られたトップの言葉がまとめられていた。

※記事:入社式:企業トップが新入社員に贈る言葉あれこれ

●トヨタ自動車 豊田章男社長「100年先の未来に向けて挑戦し続けよう」

●日立製作所の東原敏昭社長「世界規模での変化に対応し、成長し続ける精神を持ってほしい」

●三井物産 安永竜夫社長「今日は私にとっても第一歩を踏み出す日。皆さんも気持ちが高ぶっていると思うが、この気持ちを大事にしてほしい。自分で考えて積極的に現場に足を運んで」

●ANAホールディングス 片野坂真哉社長「20年の東京五輪に向け航空ネットワークを広げ、成長していく。10年後の推進役は皆さんだ」

以下、毎日新聞の記事より抜粋
auto0274

元気な挨拶がまず大事!

ワタシの今までの経験で、新入社員がまず意識してやることは「元気な挨拶」。
入社したてで仕事の戦力になるワケはないが、まずは自分が入ったことで、少しでも職場が明るく元気になることが「若い人」にとって重要な要素だと思う。

仕事をしていくと、「人間関係」がとても重要になってくる。
その原点は、やはり「挨拶」だ。
まずは自分から、元気よく挨拶すること。
これに尽きる。

飲食店など接客業では、朝礼などで挨拶実習をすることも多いが、接客業に限らず「挨拶」は基本中のキホンだ。
それは何も職場に限ったことではなく、家族でも、ご近所でも、、みな基本は同じ。

我が家では、子ども達にコレと言った躾けは特にしていないが、
「挨拶」と「脱いだ靴を揃える」、この2点だけは子どもが小さい頃から 口やかましく言ってきた。
「基本」ができずに、その先の応用はあり得ない。

フレッシュマンの皆さん、これから長く続く社会人生活が充実したものになることを祈っています。
ガンバレ!
 
 

-言葉
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

[今日の言葉]男は強くなければ生きていけない

今回も 稲盛さんの講話の中から。 レイモンド・チャンドラーの言葉 男は強くなければ生きていけない。 優しくなければ生きている資格がない。 んー、深いですな。。

「人徳」ならぬ『社徳』

「値決めは経営」 昨日は、盛和塾東京のDVD勉強会に参加させていただいた。 基本ワタシは盛和塾横浜の所属だが、このDVD勉強会だけは 可能な限り参加するようにしている。 昨日のテーマは「経営の原点12 …

no image

[今日の言葉]:「君に合う仕事はない。君が仕事に合わせるだけだ!」

「君に合う仕事はない。君が仕事に合わせるだけだ!」   この言葉は 『克舟先生の「心のサプリメント」』 というブログに記されていた言葉。   若手新入社員が辞めるときの常套句「自分にはこの仕事は合いま …

no image

「勝者vs敗者」

金曜日の盛和塾で教えていただいた格言。 勝者vs敗者 勝者はいつも解決策をもっており、 敗者はいつも問題を抱えている。 勝者はいつも計画をもっており、 敗者はいつも言い訳を抱えている。 勝者は、「あな …

no image

今日の朝礼:12/1(火)「人事をつくして」

※朝礼での輪読:松下幸之助著「道をひらく」より 今朝の朝礼輪読はタイトル「人事をつくして」。 「人事をつくして 天命を待つ」ということばについて。 私心にとらわれることなく、人としてなしうるかぎりの力 …