CEOブログ

横浜で活躍するホームページ作成・開発会社アットライズの代表取締役社長(CEO)が綴る、日々の奮闘記!!

アットライズ

電話代が気になって仕方ない!ネットワーク環境の進化で振り返る創業当時からの歴史

投稿日:

創業14周年にあたり、創業当時からの歴史を振り返る企画(!?)第四弾!

創業当時はインターネットの常時接続がまだない時代。。
今回は、そんな時代からの仕事におけるネットワーク環境の進化を振り返ります。

※振り返り企画過去記事はこちら
 ● 第一弾:おかげさまで 創立14周年!
 ● 第二弾:オフィス変遷の歩みを振り返る
 ● 第三弾:社名への想いとロゴマークの変遷を振り返る
 
keyboard-279664_640 

創業当初はモデム接続の時代!「巡回ソフト」が大活躍

2000年9月に在宅でWeb制作の受託を開始した。
当時は今は当たり前の常時接続などない時代。
インターネットに繋ぐにも、毎回モデムを起動し、そう ちょうどFAXを送るのと同じように毎回ピーヒョロロロ….と音がしてプロバイダにアクセスしていた。

接続している間は電話代が課金されていくので、事前に見るサイトを決めておき、とりあえず大急ぎで見ていく。
そして見終わったら即座に回線を切る。
なんてことをやっていた。

若い人は聞いたことないかも知れないが、当時は「自動巡回ソフト」なるソフトが大活躍した。

この自動巡回ソフト、事前にネットサーフィン(これも死語か!?(笑))するURLを設定しておくと、
● モデムでの接続
● 登録されているサイトを順番に自動的に表示
● 回線を切断
という、一連の処理をやってくれた。

その後で、キャッシュしているページをゆっくり読む、、というスタンス。(>_<)
当時は電話代が3分10円だったので、自動巡回ソフトを使えば、1回のアクセスが10円で済む、という画期的なツールだった。

画期的な「テレホーダイ」大人気!

この頃、NTTからはテレホーダイと呼ばれる、予め指定した電話番号に夜11時から翌朝8時までは定額で使えるサービスがあった。
テレホーダイにプロバイダのアクセスポイントの電話番号を登録しておけば、夜間はインターネットが見放題! ということで大人気のサービスだった。

夜11からの時間帯はテレホタイムと呼ばれ、一斉にネットに繋ぐことから ネットが重くなる、、なんて現象までおきた。

とは言っても、所詮回線速度64kbpsという遅さ。
大きな画像を表示させようとすると、データを読み込むまでに時間がかかり、上の方から徐々に表示されてくるのを待ってイライラしたものだ。。(^^;

なんとテレホーダイ、今もサービスが続いてるらしい!

このテレホーダイ、今もNTTのサービスとして存在しているようだ!
さすがに今はこれでネットに接続している人はいないと思うが。。。
 
 

INSネット64で、2回線の常時接続が可能に!

その後、2000年の暮れくらいにかけて、INSネット64(フレッツISDN)サービスがエリア拡大で使えるようになった。
これは、1本のアナログ回線で2回線使用でき、しかも登録した電話番号には定額制で常時接続できる! というもの。
24時間、いでもネットを自由に見ることができ、しかも2回線あるので 自宅の音声電話も話し中にならずに使えるというもの。

回線速度の遅さは相変わらずだったが、24時間いつもでつなぎ放題というのは、Webの仕事をしている身にはとてもありがたいサービスだった。
 
 

事務所開設と同時に横浜で初めてのADSL!

2001年4月に、それまでの在宅から 横浜の平沼に小さなオフィスを構えることになったが、ちょうどその時期に合わせるように、いわゆるブロードバンド接続と呼ばれる高速なADSLサービスが対象エリアを広げていった。

事務所を開設したときは、横浜でADSLサービスが開始されるときで、新しい仕事場では それまでの64kbpsモデムと比べ20倍近い回線速度のブロードバンド環境で仕事をすることができた。

このあたりから、回線速度が年を追う毎に速くなっていき、大きなファイルなどもストレスなく送受信できるようになってきた。

YahooBBが、街頭でADSLモデムを無料で配りまくっていたのもこの頃だ。
おかげで 日本に本格的なブロードバンドが一気に普及していった。
 
 

ついに光ケーブルの時代に!

そして2005年3月ついに光ケーブルによるBフレッツを導入。
既にADSLで 通常使うには遜色ないくらいの回線速度を享受していたが、さらに高速で快適なネット環境にかわっていった。

P1030424-s
 

外出先での無線接続環境も画期的に進化してきた!

客先など、外出時にノートPCでネットを使いたいとき、無線接続する環境も当時から比べると画期的に進化してきた。
詳細は端折るが、歴代の公衆無線接続は こんな端末でやってきた。

auto0177
P1030421-s
初期の頃は、速度が遅く、、打合せ中でも1ページひらくのに数十秒かかることもありってイライラしたものだ。
今ではサクサク動き、同時に複数台の接続もできる。
最近では、スマホのテザリング契約もしたので、出先でちょっとノートPC使いたいときにも重宝している。
 
 
こうして改めて振り返ってみると、時代とともに進化してきている。
安くて便利になったものだ。
 
 

-アットライズ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

夏休み

世間では昨日あたりからお盆休みの会社が多いのだろうか、通勤の電車もかなり空いている。 当社が入居するビルも、同じフロアは今日は当社以外は 各社お休みのようだ。 #当社のお隣は、休みが多くて有名な「未来 …

せっかく華やかになったのにぃ~(^^;

前回のブログで、またひとつ華やかになりました♪と書いたばかりなのに、、 デスクや棚の盤面の塗料を塗る作業があり、金曜日の夜、改めて全てのモノを一旦床におろしました。。 昨日(土曜日)の夜、作業に来ても …

no image

家族 -family-

前のblogで、「何よりも従業員に幸せになってもらいたい」と書いた。 会社で仕事に打ち込んでいただくには、自身も含めてご家庭が円満で幸せである必要があるし、やはり社員には幸せな生活を送ってほしい、と願 …

no image

第2回 レビュー

一昨日の月曜日、第2回のレビューを実施した。   これは、納品した作品について担当スタッフから特徴、工夫点、苦労点などを話してもらい、他のスタッフも含めて情報共有する目的で始めた。     まだ今回が …

サーバーや技術的な社内勉強会を開催しました。

意外と奥が深いサーバー関連の技術的なノウハウ 今週の月曜日、社内でサーバーや技術的な勉強会を開催しました。 「Webサイトを公開」するには、デザインやコーディングの技術の他に、インターネットの仕組みや …