CEOブログ

横浜で活躍するホームページ作成・開発会社アットライズの代表取締役社長(CEO)が綴る、日々の奮闘記!!

読書感想文

東国原知事のマラソン本 ~過去に何をどれだけ積み重ねてきたか

投稿日:2010年11月19日 更新日:

東国原英夫宮崎県知事の著書「人生で大切なことはすべてマラソンで学んだ」を通勤途中で愛読中。

その中での行(くだり)を二つ。

物事は一朝一夕にはなし得ない、ということを知ったのはマラソンのおかげかもしれない。
結局自分が歩いてきたところにしか道はできず、自分はその上にしか存在しない。
テレビゲームのように、異次元に簡単にワープする方法もマラソンにはないわけで、そんなところも人生に似ていると思う。

仕事でうまくいくのも、マラソンを速く走るのも、結局は過去に何をどれだけ積み重ねてきたかにかかっている。
仕事は成功や失敗を経験した分だけ、自分の引き出しは増え、次へとつながっていく。
たとえすぐに目に見える結果は出なくても、将来的に役立つことは多いはずだ。

マラソンも人生も、、一歩一歩、地味な努力を続けていことでゴール(目標)に近づいていく、ということですね。
このことは 稲盛和夫氏もよく言われています。

-読書感想文
-,


  1. リンダリンダ より:

    この努力の一歩一歩というのは、本当ですね。私もそうだと思います。それで、やっとここまで這い上がった気がします。他人と比べたらまだまだですが…。
    そういう事を教えていただいた方が、関西ではわりと有名でテレビオファーもある手相心理カウンセラー神山二三子先生、その先生が監修諏した方が訪ノ森黄衣子さんって方が書いた「女の心情・赤いドロドロシリーズ」
    これは、凄く面白かったです。物凄く読みやすい本でした。先がきになるので、一気に読み上げました。
    ドラマッティクなドロドロ展開が面白かった!この前アマゾンの文学館で1位でした。だからどうりで手に入り難かったです。随分まって、この前届きました。
    三部作はいっていまして、一つは、自分のためなら、人の命も道具にする残酷な看護師、二つ目が、性的虐待をされていた少女がやっと幸せをつかんだら、その人は意外な人だったという悲しい胃ラスト。すごいどんでん返しでした。そして、ラストは結構サイコ的でしたね。愛する人と結婚するために妄想にはしり、狂気にも走る血塗れ女性のお話でルビーがモチーフ。どれもこれも、女性の妬みそねみ、嫉妬、残酷さ冷徹さ、狂気が、綺麗?に描かれててて、面白かったです。なんかどっかの原作的な感じでもありましたが…。でも、ほんと、面白かった。表紙が又、凄いわ…。
    一度、お暇な時にお勧めです。男性でも読めると思います。お風呂なんかで。
    では、又…。失礼します。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[読書感想文]本当に賢い人の丸くおさめる交渉術

「日本一裁判しない弁護士」が書いた交渉術の本! マラソン仲間でもあり、経営者の勉強会でご一緒させていただいている、「日本一裁判しない弁護士」がキャッチフレーズの弁護士の三谷淳さんが書かれた本「本当に賢 …

[読書感想文]最高の結果を出す 目標達成の全技術(三谷淳著)

読んでいるだけで やる気が出てくる! 知人でもある三谷淳氏の新著「最高の結果を出す 目標達成の全技術」を読んだ。 本書を読んでいると、それだけで「やる気スイッチ」が入ってくる。 私自身、締切間際とか、 …

[読書感想文]賢く生きるより 辛抱強いバカになれ( 稲盛和夫・山中伸弥)

経営の神様とノーベル賞受賞者の対談 2014年10月に発行された単行本「賢く生きるより 辛抱強いバカになれ」(朝日文庫)が、このほど文庫本として再発行された。 私が師と仰ぐ稲盛和夫氏と、その稲盛氏が設 …

[読書感想文]「日本国紀」(百田尚樹著)

縄文時代から現代までの一連を描く日本通史 百田尚樹著「日本国紀」(上下巻)を読んだ。 日本史と言うと、例えば奈良時代、鎌倉時代、、といった分け方がされ、その時代に焦点を当てたものが多かったように思う。 …

[読書感想文]「JALの奇跡 ~稲盛和夫の善き思いがもたらしたもの~」

稲盛氏の経営手法を客観的視点から見る 本書は、2010年に経営破綻した日本航空(JAL)をV字回復させ、わずか3年足らずで再上場を果たした稲盛会長の経営手法を、側近として京セラから招聘された 大田嘉仁 …