CEOブログ

横浜で活躍するホームページ作成・開発会社アットライズの代表取締役社長(CEO)が綴る、日々の奮闘記!!

読書感想文

[読書感想文]虹色のチョーク(小松成美著)

投稿日:2017年6月8日 更新日:

P1070784-s

”日本でいちばん大切にしたい会社”の日本理化学工業

全社員の7割以上が障害者という日本理化学工業
”日本でいちばん大切にしたい会社大賞”に選ばれ、テレビ東京のカンブリア宮殿でも特集された注目の会社だ。

とても身近な存在のこの本

この日本理化学工業の大山隆久社長は、盛和塾でも一緒に学ばせていただいている知人でもある。
2~3年前、盛和塾の有志で日本理化学工業を見学させていただく機会があったのだが、残念ながら都合がつかず その時は行かれなかった。
今回、この本「虹色のチョーク」(幻冬舎)の発刊を知り、すぐに購入した。

そしてこの本の著者 小松成美さんは、1年くらい前に講演を聴かせていただく機会があり、、どちらもとても身近な存在だったので、日頃読む本よりもとても親近感を持ちながら一気に読み終えた。

さまざまな困難と葛藤を超えて

世間でも注目され素晴らしい経営をしている日本理化学工業さんであるが、ここに至るまで幾多の困難を乗り越えてきた。
特に二代目の現 大山隆久社長は 過去にさまざまな葛藤を乗り越え、今がある。

特に印象に残ったのが、先代の大山会長が迷っていたとき ある住職から言われた言葉。

曰く、物やお金をもらうことが人としての幸せではない。
人に愛されること
人に褒められること
人の役に立つこと
人から必要とされること

障害者であっても、施設に入って手厚く世話をしてもらうだけでは 本当の幸せと言えるだろうか。
やはり人の役に立ち、人から必要とされる、、それによって本当の幸せを感じることができる。
日本理化学工業のやっていることは、本当に素晴らしいことだ。

せっかく五体満足でこの世に生を受けたからには、せめて「世のため人のために」尽くす人生でありたいと、改めて思った。
 
 

-読書感想文


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[読書感想文]「JALの奇跡 ~稲盛和夫の善き思いがもたらしたもの~」

稲盛氏の経営手法を客観的視点から見る 本書は、2010年に経営破綻した日本航空(JAL)をV字回復させ、わずか3年足らずで再上場を果たした稲盛会長の経営手法を、側近として京セラから招聘された 大田嘉仁 …

no image

「プーチンと柔道の心」

仕事柄、お取引先やお会いした方から著書をいただいたり、知り合いの本を買ったりということがよくある。 最近、何回か立て続けに頂いたり、買ったりして、、読まねばならない本がどんどん溜まっていっている。。。 …

no image

「デザインにひそむ〈美しさ〉の法則」

この本は最近仕事でご縁のあったデザイナー 木全 賢さんが書かれたもの。 木全さんから直接いただいて、早速読んでみました。 身近なもののデザインについて、黄金比などの説明入りでわかりやすく説明してある。 …

[読書感想文]「起業の天才! ~江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男~」

筆者の取材力に敬服 今まで 盛和塾の機関誌 全156巻を 毎週1冊ずつ読んで感想をアップする、、という、通称「機関誌マラソン」を ほぼほぼ丸三年続けていた。。 この間、機関誌を読むのに必死で、それ以外 …

[読書感想文]「日本国紀」(百田尚樹著)

縄文時代から現代までの一連を描く日本通史 百田尚樹著「日本国紀」(上下巻)を読んだ。 日本史と言うと、例えば奈良時代、鎌倉時代、、といった分け方がされ、その時代に焦点を当てたものが多かったように思う。 …