CEOブログ

横浜で活躍するホームページ作成・開発会社アットライズの代表取締役社長(CEO)が綴る、日々の奮闘記!!

業界・技術情報

他人事ではない、、ネットでお金が盗まれる!

投稿日:2014年8月4日 更新日:

身近な人も被害にあっている

パソコンの不正アクセスや、個人情報流出などにより、銀行預金が勝手に第三者の口座に振り込まれたり、知らぬ間に自分のカードが使われていたり、、
そんな話が身近でも聞かれるようになってきた。
どうやら他人事ではなくなってきたようだ。。
DP124_L

どんな被害があるのか?

ネットバンキング不正アクセス

8/2の産経新聞記事でネットバンキングに不正アクセスされ、預金を見知らぬ第三者の口座に振り込まれた事件の記事が載っていた。

この記事ではウィルス対策ソフトを消去するウィルスに感染したため、不正サイトへ誘導されても気がつかなかった。

幸いすぐに銀行に連絡したため不正送金先の口座を凍結し 預金は戻ったらしいが。。

カード情報漏洩

私のFacebookの友達は、ネット通販を利用した際のカード情報が漏洩し、不正に利用されたそうです。
こちらもカード会社が不正利用を検知して緊急ロックをかけたため金銭的被害はないとのことですが、カード再発行に伴いカード番号が変わるため、自動引落などの変更手続きにかなり労力をとられるとのこと。

銀行を装ったスパムメール

私のところにも某大手銀行を装ったメールが頻繁に届いている。
ずさんなことに、送信元アドレスはYahoo(yahoo.co.jp)のフリーアドレス。。。(>_<)
ちょっと用心深くチェックすればすぐに見破れるのだが…
auto0006-1-s
「安全性の認証」などと書いてあるが、アクセスすればID/PW等の情報を入力させられることになるのだろう。。

被害に遭わないために

大半は それなりの情報リテラシー(情報を使いこなす能力)があれば 事前に防ぐことはできるが、カード情報の漏洩などは自分の努力では防ぎようがない。
被害に遭わないために日頃からできることは、アヤシイ案内やメール、サイトなどに敏感になり、アヤシイものから遠ざかる(近づかない)行動をとること。
そして、不安になったらすぐに銀行やカード会社などに相談すること(連絡窓口の問い合わせ先を事前に控えておくこと)などを心がけておきたい。

信頼できるITに詳しい人に相談する、というのも良いが、、
今朝の別のニュースでは、「信頼できると思っていた人の言いなりになって(合法の)遠隔操作ソフトを入れ 対応をまかせていたら、個人情報を抜き取られ犯罪に巻き込まれた。。」なんて話もあったので、、うーむ、善意悪意の判断は難しいですな。。

-業界・技術情報
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[常時SSL化(1)]Webサイトの常時SSL化

既存サイトの「作り」によって常時SSL化の難易度が異なる ついに「Chrome68」がリリースされ、非SSL化サイトは「保護されていません」の警告表示されるようになった。(詳細は「ついにGoogle「 …

ようやく確立!Zoomハイブリッド配信機材

試行錯誤の末 たどり着いたハンディカム コロナ禍以来、勉強会はセミナー等でZoomを利用することが多くなった。 完全オンラインであれば、講師を含め 各自のパソコンでZoom参加してもらえば良いが、リア …

no image

[PC遠隔操作事件]横浜市Webサイトへの小学校襲撃予告

最近お会いした方から「アットライズさん大変だったんじゃない?」と言われることが何回かありました。 当社で横浜市公式サイトのリニューアルを担当させていただいたことをご存じで、今回の遠隔操作事件の対応で大 …

no image

「winmail.dat」というメールの添付ファイル

業務関連で送られてきたメールに「winmail.dat」というファイル名のファイルが添付されていた。   事前の話ではWordファイルが送られてくるハズであったが。。   調べてみると、この「winm …

簡単多言語化:WebサイトにGoogle翻訳を埋め込む方法

完璧ではないが、そこそこ意味は通じる ※2021.03.29追記  本方法は、Google Translateが新規登録を終了しています。。  代替案は > https://attrise.blog/ …