CEOブログ

横浜で活躍するホームページ作成・開発会社アットライズの代表取締役社長(CEO)が綴る、日々の奮闘記!!

よもやま話

仮想通貨は危険なのか?:「NEM」580億円相当流出事件

投稿日:

仮想通貨バブル

1/26、仮想通貨取引所 コインチェックから仮想通貨である「NEM」が、不正に引き出された事件が発覚した。
不正に流出した通過は、580億円相にのぼると言う。

bitcoin-2007769-s

ビットコインの乱高下

仮想通貨では最大規模の「ビットコイン」が、昨年1年間で20倍近く値上がりし、仮想通貨バブルと話題になった。
そして今年に入り、今度は一転 一時の最高値の半額まで急下落した。

仮想通貨は、世界中でオンライン決済ができるなど、電子マネー的な便利さがある一方、こういった価格の変動により、「投資」として購入している人も多い。

確かに仮想通貨は今後さらに普及してくるであろうし、便利には違いないが、、現時点でこれを所有するのは投資というより「投機」的に感じてしまう。

今回コインチェックで「NEM」を所有していた人も、ニュースのインタビューなどで答えている被害者は、20代~30代の若者が多かったように感じた。
最も、新しい技術なので若い人がいち早く反応するのは理解できるが、
若い人たちが 額に汗して働く価値観より、楽して儲ける投機的な資産運用にハマるのはあまり感心できない。

まだ「資産運用」、すなわち持っている資産=余剰資金を運用するのであれば良いが、、借金をしたり、生活に必要な資金まで回していないことを祈る。

のど元過ぎても、、過去の事例に学べ!

京セラ創業者の稲盛和夫氏は、かつてバブルの頃、取引銀行を始めいろんな人から 土地の購入など投資を進められたという。
時はバブルまっただ中で、土地なども右から左へ転売するだけで、多額の利益が手にできた。
その時稲森氏は、「どこからかお金が沸いて出てくるようなことはない。どう考えてもおかしい。」と、一切の投資話に乗らなかった。「お金は額に汗して稼ぐもので、浮利は追求しない。」と。
当時、銀行からは まるで変わり者か、時代遅れのように言われたという。

しかし、バブルが崩壊し、土地や株価が一気に値下がりし、大手銀行、大会社をはじめ世の多くの企業や個人が、大きな損害を受けた。
それにより倒産した企業も少なくない。

そしたら今度は、今まで変わり者呼ばわりしていた人たちが 手のひらを返したように「京セラはバブル崩壊で全くダメージを受けていない。なぜ稲森さんは予測できたのか?」と、神がかっていたかのように褒め称えたという。
稲森氏は「私は 以前も今も、全く考え方は変わっていない。額に汗して地味に稼ぐ、その一点。ただ周囲が バブルの時は変人扱いし、崩壊後は賢人扱いをしているだけだ。」と語っている。

遠い昔から、一攫千金を狙う多くの人がイタイ思いをしてきた。
科学技術の進歩は、先人が積み上げてきた技術を、さらに進化発展させていくことだが、、
なぜかお金のことになると、先人と同じ轍を踏む人が多い。。
 
 

-よもやま話


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

本年も大変お世話になりました。

2014年 大晦日 月日が経つのは本当に速いですね。 年齢を重ねるにつけ、更に加速度的に速くなっていくような気がします。。 気がつけば、2014年も 今日が大晦日。 今年もいろいろなことがありました。 …

雨の中のハーフマラソン。。

先週の日曜日(3/2)、三浦国際ハーフマラソンを走ってきました。 昨年11月の湘南国際マラソン(フル)から、およそ4ヶ月ぶりのレース。 当日は朝起きたときから冷たい雨で、、 行くかどうか散々悩みながら …

最近やってる動物愛護のこと

いろんな支援のかたちがある 昨日のブログで、保護猫カフェのクラウドファンディングに支援した旨、書きましたが、、 昨年末くらいから、動物愛護に関する支援をいくつかしてきています。 支援の方法は このクラ …

オフィスでの「昼寝制度」ってどう?

最近、「昼寝」についての効用を耳にすることが増えたように思います。 「昼寝制度」を導入している企業も増えてきていると。 厚生労働省も推奨!? 昼寝による能率アップ 以下、U-NOTE「【いつでもオフィ …

no image

仕事ができることに感謝。

当社は派遣事業も行っているので、顧客先で常駐している派遣スタッフもいる。   そんな派遣スタッフとのコミュニケーションとして、週明けに前週の作業報告をメールで送ってもらうようにしているのだが、毎週それ …