CEOブログ

横浜で活躍するホームページ作成・開発会社アットライズの代表取締役社長(CEO)が綴る、日々の奮闘記!!

よもやま話

経営者の神髄をみた「海賊とよばれた男」

投稿日:

DSC_0225-s

事業の目的・意義、公明正大、大義名分、、志が重要

今更感はあるが、、「海賊とよばれた男」観てきました。
実はワタシ、クチコミには滅法弱いのです。。(^^;
特に、知人などが「良い」と言ったモノは、本や映画など、たいてい観てしまいます。
オススメされてるから、という理由もありますが、その人がどういう物を観て感銘を受けているのか、それも知りたい、なので同じものを読んだり観たりする、というのもあります。

で、今回の「海賊とよばれた男」は、Facebookで多くの友達が絶賛していたので、居ても立ってもいられず(ってほど大げさではないが…)観てきました。

この話は、出光興産創業者の出光佐三がモデルとなっています。
戦中戦後を通じて、自由な商いができない時代、、何を頼りに、どのように進んでいくのか、とても見所がありました。

特に感じたのが、事業の目的・意義、公明正大、大義名分、、志が重要だと言うこと!
前途が見えない暗闇の中で、なぜ我々は困難なこの仕事をやるのか、やる意味・意義があるのか、それに共鳴することで一致団結して強い力を発揮する。

師匠 稲盛和夫氏がいつも言われていること

私は京セラ創業者でJALの会長として再建も果たした現代の経営の神様、稲盛和夫氏が主宰する盛和塾というところで、経営について、人生について学んでいる。
その師匠 稲盛氏は、まず「事業の目的意義を明確にする」ことを説いている。
そして公明正大で大義名分のある高い目的を立てると続く。

この映画のストーリーの根底に、この理念・哲学が流れていたように思う。

百田尚樹原作×岡田准一主演×山崎貴監督

この「海賊とよばれた男」は、百田尚樹原作×岡田准一主演×山崎貴監督がタッグを組んだ作品だが、じつはこの組合せは「永遠の0」と同じである。

「永遠の0」は原作本も読んでいた。普通、原作が面白いと映画はつまらなくなったりするものだが、原作も映画もどちらも面白かった。
そして今回の「海賊とよばれた男」、原作は読んでいないがクチコミ評判では どちらも良かったようだ。
機会があれば、ぜひ原作も読んでみたい。

ネタバレにならない程度に言うと、どちらの作品も主人公の妻の描かれ方が とても似ていたように感じた。

私の最も好きな俳優は、渡辺謙だが、、岡田准一はその次に好きな俳優になった。
これからの作品にも大いに期待したい。
 
 

-よもやま話


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

箱根駅伝観戦♪

オフィスから100m! ここ数年、お正月のマイブームになっている箱根駅伝観戦。 横浜駅東口にオフィスに引っ越してきてから、箱根駅伝が通る国道1号線まで、ナント100mの近さ! これはもう見るっきゃない …

no image

桜 開花♪

3連休のうちに開花宣言が出ましたが、、 通勤途中のハマボール前にある川沿いの桜が、、 ほんのひとひらではあるが 咲いていました。 一足先に見つけて、ちょっと得した気分♪ これから日に日に咲いてくるので …

急遽MRIをとることに

5日前から頭痛が治まらず。。 GW中の先週木曜(5/4)の夜から頭痛がして、5日経っても治らず。。 たまにキリキリ痛くなり、、今までになかったことなのでちょっと心配になった。 で、昨日の夜、会社近くの …

no image

サマータイム

「サマータイム」の導入が話題に上っている。 2010年からの導入を目指していたが、昨日(6/9)に、今回は法案提出が見送りになったらしい。   ワタシはどちらかと言うと、反対派、、かな。   世界のサ …

デスク上の加湿器

一日中モニタを見ているせいか、、ドライアイがすごい。。 なので、USBで動く卓上の加湿器を買ってみた。 高さ10cm程度のミニサイズながら、スイッチをONすると勢いよく霧が吹き出してくる。 上の写真だ …