CEOブログ

横浜で活躍するホームページ作成・開発会社アットライズの代表取締役社長(CEO)が綴る、日々の奮闘記!!

業界・技術情報

翻訳サイトから情報漏洩の危険性!

投稿日:

binary-system-557605_640

便利の裏に潜む脆弱性

インターネットはとても便利だ。
翻訳サイトも充実しており、ワタシの拙い知識で英語を読むより 翻訳サイトで日本語変換した方がよっぽど理解できちゃったりする。。(>_<)

が、そんな翻訳サイトで翻訳した文章が、インターネット上で公開状態になっていたり、流出する可能性がある!

無料翻訳サイトで入力した文章が公開状態に!

今朝の読売新聞1面トップに掲載されていた。
以下、http://jcc.jp/sp/jiken/98361/ に掲載されていた記事。

[ネット翻訳でメール流出](2件/週)
02/20(金) テレビ朝日 【グッド!モーニング】
ネット翻訳でメール流出
インターネットの特定の無料翻訳サイトに入力した文章や翻訳結果がネット上で誰でもみられる状態になっていることがわかった。
メガバンクの顧客情報の他、中央省庁、自動車メーカーの業務メールなど発信者を特定できるものだけで、少なくとも30件の流出が確認されている。
この翻訳サイトはグーグルやヤフー、エキサイトなど大手サイトではないが、東南アジアなど約60の言語に対応しており、現地の企業関係者らが利用しているとみられる。
サイトの解説者とされるのは中国人男性。

読売新聞の記事によると、Googleやエキサイトなどの大手サイトではない、、としているが。。

流出する可能性はあり得ると思っていた

ワタシも以前から翻訳サイトは度々使うが、、「入力した文章が漏洩する心配はないのか?」と正直不安だった。
なので、個人情報や機密的なものは入れないように注意はしていた。
だから 今回の記事を目にして、「やっぱり。。」という感想。

フォームから入力する以上、そのデータがどう処理されるか、、それはサイト管理者側の構築の仕方ひとつにかかっているからだ。
 
 

インターネットとはそういう脆弱性と裏腹

インターネットを使う以上、そういう脆弱性と裏腹であることを認識する必要がある。

SNSやブログなどで、家族(特に子供)の写真や名前を「公開状態」で載せたりすることにも警鐘を鳴らす人がいる。

ワールドワイドに繋がっており、とても便利なツールではあるが、一歩間違えると(本人は間違えてる意識は毛頭なかったりするが…)コワイ、、諸刃の剣であることを忘れてはならない。
 
 

-業界・技術情報


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Google 次から次へと。。

毎日のように新しいサービス、技術をリリースしてくるGoogleだが、、 また新しい技術が公開された!   http://markezine.jp/article/detail/5822   紙の文章を …

no image

横浜市デザイン相談

横浜市で、「横浜市デザイン相談」という事業を行っている。 このデザイン相談、市内に事業所のある中小企業を対象として、年間5回まで ナント無料で相談に乗ってアドバイスをしよう! という太っ腹なもの。 し …

SSLv3脆弱性(POODLE)へのブラウザーでの対処方法

今度はSSLに関する脆弱性が発覚! ネット上の通信プロトコル(通信方法)の一種である「SSLv3」に脆弱性がみつかり、業界内(!?)では、かなり大きな騒ぎとなっている。 簡単に説明すると、SSLにより …

no image

[PC遠隔操作事件]横浜市Webサイトへの小学校襲撃予告

最近お会いした方から「アットライズさん大変だったんじゃない?」と言われることが何回かありました。 当社で横浜市公式サイトのリニューアルを担当させていただいたことをご存じで、今回の遠隔操作事件の対応で大 …

システム開発で陥りがちなワナ。。

止まらない仕様変更、、トラブル。。 日経クロステックに、 「逆転敗訴した野村情シスがIBMに送った悲痛なメール、横暴なユーザーを抑えきれず」 なる記事が投稿され、思わずクリックして読んでしまった。(^ …