CEOブログ

横浜で活躍するホームページ作成・開発会社アットライズの代表取締役社長(CEO)が綴る、日々の奮闘記!!

よもやま話

靖国神社 遊就館を訪ねた

投稿日:

P1070884-s

知覧以来、一度行ってみたかった場所

以前、知覧の知覧特攻平和会館に行ったことがある。
今、我々は平和で穏やかな日々を過ごせているが、あの時代に生きた若者は祖国のためにという大義のもと、命を投げ打って戦った。
特攻隊員の遺書や遺品を見ていると、さぞかし無念であったろうことが伺える。
そういう貴い多くの犠牲の上に今我々は生かされている。
法律や公序良俗を犯さない限り、基本的には自由に自分の意思で人生を選択し生きることができる。
これは、とても幸せなことで、決して忘れてはならないことでもあると思う。
そういう意味では知覧は自分にとって戒めの場所だった。

そんな知覧から数年が経過し、首都圏でもどこか戒めの場所がないか探したところ、靖国神社に遊就館という展示施設があることがわかった。
それからおよそ半年、先日打合せの合間の時間に やっと行くことができた。

P1070871-s

戦没者を合祀する靖国神社

知覧は特攻基地があった場所なので、特攻隊に特化した展示内容であったが、靖国神社はおよそ150年前の明治2年に建てられ、以降 戦没者を合祀する神社としてのあゆみがあるためか、遊就館も太平洋戦争のみならず過去の戦争についても その歴史を伝えている。
そのため、特攻隊に関する展示は、全体からすると少なめであった。
P1070889-s
ただ、何より目を引いたのが戦没された英霊の遺影が無数に貼られていること。
1枚10センチもないような小さな写真が、いくつもの展示室に掲示されていた。
あまり定かではないが見学中 1万枚以上、、と書いてあったような気がする。
そして、そのほとんどが若者だった。

靖国神社に祀られている英霊は200万柱以上にのぼる。
戦争でそれだけ多くの人が命をなくされたということだ。
本人の無念はもちろん、その家族、肉親の無念を合わせれば 戦争とは いったいどれだけの悲劇をもたらしたことか。
二度と繰り返してはならない。
P1070890-s

今、この平和な時代に生きる我々がしなければならないこと

生きたくても生き続けることが叶わなかった人々の無念を思えば、今 この平和な時代に生きる我々は 自らに与えられた役割を全うし、世のため人のために尽くさなければならないと思う。

すぐに怠け心が出てしまう自分としては、自戒のためにも 忘れそうになったらまた訪れたい。
 
 

-よもやま話


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

閃輝暗点(せんきあんてん):視界の中をギザギザがぐるぐる廻る。。

どうやら2年おきに発症してる。。 突然 視界の中をギザギザがぐるぐる廻る、、なんとも説明しづらい症状に襲われた。 自分的には 2018年9月、2020年2月に続き、今回で3度目。 どうやら2年おきくら …

昨日の横浜マラソンは素晴らしかった!興業的な視点も入れてマラソン大会を振り返る

地元ヨコハマで、初の市民参加型フルマラソン開催! 昨日の3/15(日)、地元ヨコハマで初となる第一回横浜マラソンが開催された。 注)横浜市民は、横浜を「ヨコハマ」とカタカナで書くことが多い(^^; エ …

クラウドファンディングの成功事例!

資金調達の手段として広まりつつあるクラウドファンディング 昨今、クラウドファンディングが注目を集めています。 クラウドファンディングとは、起業家やクリエイターなどが 商品開発等の目的で、ネットを通じ不 …

「中止」を決断する勇気

台風接近のため横浜マラソンが中止に! 昨日(10/29(日))に予定されていた横浜マラソンが、台風22号接近のため中止となった。 私はフルマラソンに申し込んでいたが 抽選で外れてしまったため、前日の土 …

no image

節電対策

夏場のピーク電力への対応 東日本大震災以来、消費電力削減が求められている。 特に夏場のピーク電力への対応としてスーパークールビズなど、企業でもせ節電対策が求められている。 当社でもムダな電灯は消したり …