CEOブログ

横浜で活躍するホームページ作成・開発会社アットライズの代表取締役社長(CEO)が綴る、日々の奮闘記!!

業界・技術情報

[備忘録]URLエンコード・デコード

投稿日:

c2167439a-s

文字化けした文字列を読みたい!

例えば、こんな(↓)風に文字化けに遭遇したことはないでしょうか?
—(例)——-
%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b9
————–

これは、URLとして含むことができない文字を「エンコード」(別のデータ形式に符号化)した文字列です。
パッと見 文字化けしているようにしか見えません。。orz
こんな時は「デコード」(符号化されたデータを元の形式に戻す)すると見えるようになる可能性があります。
 

URLエンコード・デコードしてくれるサイト

https://www.tagindex.com/tool/url.html
このページにある「デコード」欄に 文字列をコピペし「デコードする」をクリックすると、元の文字列に変換してくれます。

ちなみに上記の例は、「データベース」だったことがわかります。

URLエンコードもできる

あまり使う頻度はないかと思いますが、このサイト(ページ)の「URLエンコード」欄を使うと、URLエンコードができます。
 

error_log などの日本語出力による文字化け

似た様な文字化けで、例えばerror_log などに日本語が出力され文字化けしてしまったようなケースもあります。
—(例)——-
\xe3\x83\x87\xe3\x83\xbc\xe3\x82\xbf\xe3\x83\x99\xe3\x83\xbc\xe3\x82\xb9
————–

上記のURLエンコードと似ていますが、ビミョーに違っています。
こんな時は「\x」を「%」に置換した後、デコードしてやると読めるようになります!
 
 

-業界・技術情報


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

@niftyのサポート対応、ついに最も恐れていた事態に。。

nifty内の他のプランに変更 自宅のプロバイダ+固定電話+CATVの総費用をもっと安くする方法はないか、フレッツ光の光テレビへの切り替えなども検討してみたが、、結局総合的に判断して現状の3契約を残し …

SSL証明書って本当に必要?

SSLは データを暗号化し盗み見などを防ぐ技術 Webサイトの申込みフォーム等で広く普及している「SSL」。 URLが通常の「http://」ではなく「https://」になり、ブラウザのURL欄に鍵 …

no image

架空請求が。。。

ケータイ(auのCメール)に、架空請求のメールが。。   「サイト未納料金があります。本日18時迄に連絡なき場合、法的手続きを取らせて頂きます。 0120-***-521」だと。。。     あわてて …

モバイル重視の流れは避けられない!Googleがモバイル対応サイトをSEOで有利にする日がくる!

ついにGoogleもモバイル重視を鮮明に! 先日のブログ(*1)で、弊社の関連するサイトについて、訪問者のモバイル比率をグラフで示した記事をアップした。 (*1)サイトのモバイル比率調べたら意外な大差 …

ZIPファイル付き迷惑メールにご注意を!

一見してスパムとわからない巧妙なメール ここ1~2週間、頻繁にくるスパムメールがあります。添付に圧縮されたZIPファイルが付いていて、日頃から注意深く用心していればスグにそれ(スパムメール)とわかるの …